とある悪徳不動産屋さんに、だまされそうになった話。第2話です。→第1話はこちら

 

結局その日は希望物件の内覧はできないまま、帰宅の途につきました。

そして姉に、”今日のできごと”として一連の話をしました。

すると姉が、

「あんたはオタクだから、おたくのやどかりを使えばいいと思うな」

おたくのやどかり??

なんじゃそれ。
初めて耳にした言葉です。

姉が言うには、オタク専門の不動産屋さんで、最近、オタク界隈で話題沸騰中なんだとか。

早速、ぐぐってみましたら…HITしました!!

 

 

オタ臭ぷんぷん
 

 

そのままサイト内を辿っていくと、、

 

 



www興味深すぎるwww

 

そんな感じでどんどん辿っていったところ、不意に、私のスマホが鳴りました。

~♪~♪~♪

私「はい」
担「宮台さんですか?お世話になります、Sの●●と申します。本日はありがとうございました」
私「あ、どうも。こちらこそありがとうございました」
担「今日は内覧できなくて申し訳ありませんでした。
それであの~実はですね、あのあと他にもいい物件が出てきたんですよ。
明日、そこも一緒に内覧行ければと思うんですが、いかがでしょう?」

私「わかりました、よろしくおねがいします」
担「じゃあ明日また10時に。お待ちしております」
私「はい、よろしくおねがいします」

プツッ

 

すぐに、おたやどサイト閲覧に戻る私。

5分後。

とあるページにぶち当たりました。

なぜかこのタイトルを見てピン!ときてしまったんですよ。
妖怪アンテナがビンビン立ち上がりました。

読みます。

…読みます。

……読み…

 

 

 

今日行ったところじゃねぇか
→「地獄の大技 礼金のっけ」とは

 

なんで私が、ピン!と来たかと言いますと、これ↓
見積書。

担当者に、「この巣鴨の物件は礼金2ヶ月なんですよ」と、言われてました。

だから見積書も当然2ヶ月で計算されてます。

そういえば…

鞄の中からいただいた物件の間取り図を取り出し、広げました。

 

 

礼金・敷金の記載ないNE!!

 

その代わり、妙に不自然な余白が…。

 

 


頭の中に、どんどん暗雲が立ち込めてきます。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


イヤイヤ

ショウコ モナイノニ キメツケテハダメヨ サトコ!
2カゲツブン ノ ブッケン ダカラトイッテ
レイキンノッケ トハカギラナイワヨ!

 

 

 

 

 

 

試しに、不動産サイト(SUUMOとかHOME’Sとか)で、紹介された巣鴨の物件で検索してみました。

 

 

 

 

はいドン!
 

そして極め付けが、おたやどサイトのこの記事→『おたくのやどかり』も爆発するんですか?

この記事の中で、挙げられてる次に何か問題起こしそうな不動産屋。
私が行った不動産屋Sが所属している企業グループ名が同じ4文字なんですよねwwwwwww
ビンゴでしょwwwwwww

 

~♪~♪~♪

「お電話ありがとうございます、Sです」
私「宮台と申します。担当の●●さんお願いします」
「はい、少々お待ちください」

担「お電話代わりました●●です」
私「宮台です。すみませんが、物件キャンセルでお願いします。なので明日の内覧も行きませんので」
担「え!!?どういうことですか!?」
私「そのまんまです。全部ナシ!やめます!」
担「ちょっ…なんでですか!?何かあったんですか?」
私「なんか、違うなって直感が来たんですよね」
担「いやちょっと、待ってくださいよ!!」
私「今日一日すごく親切に対応していただいて…本当に感謝してます☆どうもお世話になりました☆」←奥義・相手に有無を言わせぬたたみかけ感謝感激雨霰
担「……わかりました。またいつでもご連絡ください」←何か察した模様
私「はい!それではまたの機会に!(は、二度とねぇけどな)

プツッ

 

こうして私は、難を逃れたのです…。

そして、早速、おたくのやどかりさんに問い合わせをしました。

 

第3話につづく。
 

 

ところで、後から思い返してみると、
帰宅後にかかってきた担当者さんの電話、おかしいんですよね。

巣鴨の物件の大家さんと連絡とれた~内覧できます~というような話は一切なく、
「新たに出てきた別の物件も内覧にいきましょう!」
だったんです。

なので、ひょっとしたら、

・そもそも巣鴨の物件は空きがなく(おとり物件)
・大家さんと連絡つかないという話も嘘っぱち
・最終的に、新たに出てきた別の物件を契約させるという魂胆だった
・その場合は、礼金3か月分とか言われてたんだろうか?

なんて、妄想がむくむくと湧きあがりましたよ。

真相は藪の中。。。

 
※ブログ記事はすべて、著作者・宮台智子の名前を明記していただければ、公開されたインターネット上に限り自由に引用・転載・リンクしていただけます。(連絡不要ですが、もらえればとっても嬉しいです^^) 印刷して第三者に配布をしたい場合は、営利・非営利目的/個人・法人問わず、必ず事前にご連絡ください。 お守りいただけてない印刷物を発見した場合、しかるべく手段をとります。