ワンセルフカード一枚一枚について感じたことを書こうシリーズ。

今日は【花】です。

このカードも、私にとっては、引いたその時々で目につくところが変わるおもしろいカードです。

だいたいいつも、文字よりもイラストの方に目がいきます。

 

このカードはある景色の一部分を切り取ったのでしょう。

だからこの3輪の花の実際の大きさとか、周りに何があるかは想像するしかありません。

わたしはこの花は、ある程度大きさのある花だと感じました。

スミレとかカスミ草は小さい花。

そういう小さい花ではない、感じ。

一輪でも存在感があって、手のひらでまぁるくくるめるような。

これくらい大きさがあると、花弁の一枚一枚も大きさがあるから、色が映えるんですよね。

ちなみに、小さい花の場合は群生してたり、カスミ草のように大きい花と一緒にまとまっていると、メリハリがあってキレイだな~と感じます。

 

花は、自己投影しやすい物だと言われています。

ということは私は、自分自身について、

一人でも存在感があって、
まぁるくくるめて、
色が映える

と思っているということでしょうか。

確かにそうかもしれません(笑)
最近よく思います。

わたしはどこにいても目立つんだなー
顔はまんまるだなー
おなかの肉がすごいなー

そしたら、”色が映える”はなんでしょうね……個性かな?

子どもの時は「変わってるね」とよく言われましたが、最近は「個性的だね」と言われます。

ただ、その個性的の”個性”が何かはわかりませんが。

以前、「いまこのレストランにいる客を見渡してごらんよ。あんたみたいにオレンジのワンピースに水色のカーディガン羽織ってる人なんていないよ」と言われたことはあります。

それが”個性的”??

一人一人個性があるので、みんな”個性的”のはずなんですがね……どうもこの現代日本においては、
マイノリティーと個性的がごっちゃになっているような気がします。

”個性的”という言葉がなくなるくらいになればいいなぁ~と思う私です。

 

さて、話を【花】に戻しましょう。

(わたしがそうかは別として)存在感がある人、華やかな人は、堂々としている時に最高に魅力が爆発します

結局、何をしていても目立ってしまうので、それだったら堂々としている方が魅力的なのです。

芸能人でもそうですよね。

 

女性は誰でも花の美しさを持っています。

例えば道を歩くときに、ちょっと意識してみましょう。

「わたしはイイ女」
「わたしは今レッドカーペットを歩いている女優よ」
「わたしは運がいい!」

不思議なことに、こう思うだけで姿勢が変わるのです。

背筋がピンと伸びて、堂々とした雰囲気が出てきます。

以前、ウォーキング教室に参加したことがありまして、あれこれ教えていただいたのですが、
最終的に頭に残ったのは、この意識するということでした(笑)

ぜひみなさんも試してみてくださいね~。

歩いてる姿を動画に撮ってみると、全然違うのがわかっておもしろいですよ。

 

背筋がピンと伸びて堂々としている立ち姿…
まさに、お日様に向いている花のようですね。

 


【花】
花たちがしているように、
自分の心を
お日様に向けてみよう

 

ワンセルフカードとは
一文字の漢字・バランスの良いサブメッセージ・美しいイラストによって構成された30枚のカード。
手にしたカードを見て感じたことを言葉にすることで、心が軽くなったり、お互いの相互理解に役立てることができます。

◎「カード作者の思いを聞いてからより深く使いこなしていきたい」という思いにこたえる形で生まれたゆる~い資格認定講座=ワンセルフカード セラピスト講座を随時開講中です。→詳しくはこちら

(講座に参加しなくても自由に購入・使用することはできます)

 

 
※ブログ記事はすべて、著作者・宮台智子の名前を明記していただければ、公開されたインターネット上に限り自由に引用・転載・リンクしていただけます。(連絡不要ですが、もらえればとっても嬉しいです^^) 印刷して第三者に配布をしたい場合は、営利・非営利目的/個人・法人問わず、必ず事前にご連絡ください。 お守りいただけてない印刷物を発見した場合、しかるべく手段をとります。