簡単ストレス対処法16~新型コロナウイルスから身を守る

ブログ

記事タイトルに”新型コロナウイルス”と入れてますが、
コロナ以外が原因のストレスにも当然効きます!

自分に合った方法を習慣にしてもらえれば、
毎日のストレス対策になりますよ~。

 

 

~簡単ストレス対処法16~

 

不安を感じきる

 

どれだけストレス対策をしていても、先が見えない状況では、急な不安に襲われることがあります。

そんなとき、無理やり、前向きにポジティブになろうとしませんか?

実はこれ、一時的にその場しのぎにはなるかもしれませんが、
長い目で見るとかえってストレスをためることになります。

感情は出てきたら発散する。

これが基本です。

今日はその方法をお教えしますね!

 

(1)不安に襲われたら目を閉じます。

(2)全身に意識を向けます。

(3)不安という感情が全身を駆け巡るのをそのまま感じます。

慣れないうちは、
この不安という感情は、色だと何色かな?重さはどれくらいかな?生き物に例えると何かな?なんていう風に、
具体的なものに置き換えてイメージするといいでしょう。

”それ”が今、体のどこを走ってるか なんてのもイメージします。

慣れてくると、置き換えしなくても感情そのものを感じることができます。

 

わたしの場合は、

「あ~不安だ不安だ不安だあああ~~~~~・・・・・」

と声に出します。

”あああ”が不安の襲ってくるピークで、
”~~~~~”で感じきって、
”・・・・”で抜けていく

そうなんです。
感情というものは、感じきると抜けていくのです!

抜けたら、今できることを行動する。

 

抜いてもまた同じ感情が襲って来たら、また何度でも感じきって抜く。

この繰り返しです。

 

だいたい不安に襲われると怖くて何もできなくなります。

でもしっかり感情を味わって感じて抜いてしまえば、動けるようになるのです。

 

未知の体験に直面したら誰でも怖いし、不安になります。

いま私たち人類は新型コロナウイルスCOVID-19のパンデミックにさらされています。

そのために外出が思うようにできなくなったり、人との関わり方が変わったり、働き方が変わったりしています。

誰にとっても未知の体験です。

だから、「この先どうなるかわからない」という不安が襲ってくるのは当然なのです。

本当にどうなるかわからないですからね(笑)

 

怖いものは怖い!

 

「怖がるな」なんて無理!\(^o^)/

だから、その気持ちに蓋をするんでなくて、感じきって出してしまいましょう。

 

※ブログ記事はすべて、著作者・宮台智子の名前を明記していただければ、公開されたインターネット上に限り自由に引用・転載・リンクしていただけます。(連絡不要ですが、もらえればとっても嬉しいです^^)
印刷して第三者に配布をしたい場合は、営利・非営利目的/個人・法人問わず、必ず事前にご連絡ください。
お守りいただけてない印刷物を発見した場合、しかるべく手段をとります。

タイトルとURLをコピーしました