こんにちは、宮台です。

当サロンでは、糸かけ曼荼羅アート講座を随時開講しています。(注・2019年9月11日現在 一時受付休止中)

この講座は、単に糸かけ曼荼羅が作れるようになるだけでなく、すぐにご自身でインストラクター活動ができるような構成にしています。

なので、すでになんらかのサロンや教室をお持ちの方が、メニューを増やしたくて(自分のところの生徒さん達と一緒にやりたくて)参加される方も数多くいらっしゃいます。

 

一方で、単に、ご自身で糸かけ曼荼羅を作ってみたい!という動機で参加される方も少なくありません。

そのような方々の場合、
「もう早速、誰かに教えていいからね~」とお伝えすると、

「いえいえ、人に教えるなんてそんな!」←教えてよいと言っている講座です(笑)

「まだそんなレベルではありません!!」←すでに一作品作り上げているので及第点です(笑)

と返って来たり、

「あと何回か、宮台先生のところで再受講してからにします!!」←当サロンでは再受講は何度でも無料

と返ってきたります。

 

自分が作ることしか頭にないと、そういう反応になってしまうことはある意味仕方ないかもしれません。

だけど中には、

「今日わたしが習ってくるって言ったら、友達に、『習って来たら、こんどわたしに教えてね~』と言われてるんですよ~…」

なんて、すでに”待っている人”がいることをこっそり打ち明けてくれる方もいます。

 

 

 

糸かけ曼荼羅に限らず、「できる」何かを持っているあなたへアナウンスします。

 

 

 

 

 

”恥ずかしい”と感じることこそ、思い切って、チャレンジしてみてください^^

そこには、高尚な動機や、立派な志のようなものは一切必要ありません

「できる」何かを持っていて、
「やろうと思えばやれる」状況にあるならば、

やってください。

 

あなたがそれをするのに、”恥ずかしい”と感じることこそ、人は欲しがっています。

 

たとえば、

 

お年寄りに席を譲るために声をかける

リーダーに立候補する

「意見(質問)がある方いますか?」と訊かれた時に、他の参加者もいる中で率先して意見(質問)をする

こっそりと楽しんでいる趣味の話をする

 

そしてもし、自分の活動を宣伝するためにSNS等を始めるのであれば、顔写真や本名で登録する
(※なにか支障をきたす理由がある人は無理しないでくださいね)

 

 

人間の脳っておもしろいもので、「やれない理由」をどんどん探そうとしちゃいます。

でも実はそれらの理由はすべて後付けで、ただただ、”恥ずかしいから””目立ちたくないから”というのが根本の理由だったりすることが多々あります。

 

もし、”恥ずかしいから””目立ちたくないから”という理由で躊躇しているのであれば、それはチャンスです。

そういう風に感じることこそ、欲しがっている人がいるというサインです。

スピリチュアル的に表現するならば、神様があなたにやって欲しいと思っていることです。

 

まず一回やってみて。

やってみて、なんか違うな~と思ったらその一回限りでやめてしまってかまわないから^^

レッツトライ!

 

わたしの大好きな動画です↓↓

親切は連鎖する。

楽しい活動も連鎖します。

愛と楽しさは、同じエネルギー。

自分も相手も喜びでいっぱいにするエネルギーです。

 

 
※ブログ記事はすべて、著作者・宮台智子の名前を明記していただければ、公開されたインターネット上に限り自由に引用・転載・リンクしていただけます。(連絡不要ですが、もらえればとっても嬉しいです^^) 印刷して第三者に配布をしたい場合は、営利・非営利目的/個人・法人問わず、必ず事前にご連絡ください。 お守りいただけてない印刷物を発見した場合、しかるべく手段をとります。