ワンセルフカード一枚一枚について感じたことを書こうシリーズ。

 


【丘】

色んなことを乗り越えて
時々人生の丘に到達する
越えたからこそ見える景色がある

 

ワンセルフカードは全部で30枚。

そのうちの何枚か、私にとってキーカードと呼べるものが存在します。

私にとってのキーカードは、

頻繁に出てくるカードだったり、
人生の転機を迎えるタイミングで決まって出てくるカードだったり、
わたしの本質をこれでもかと見せつけてくるようなカードだったり。

理性的に解釈すれば、どれもすべて、「わたしがそう思いたい」カードということなのですが。
ひょっとしたら何か目に見えない存在がわたしにメッセージを伝えるために引かせているのかもしれません。(スピリチュアル的?な解釈)

【丘】は、そんな私にとってのキーカードのひとつ。

人生の転機を迎える…というか、一山乗り越えて、だんだん落ち着きの方向に向かってるかな~というタイミングで出てきます。

まさに、色んなことを乗り越えての時期です。

 


このカードはよく見ると、いろんなモチーフが描かれていますね。

白い鳥
オレンジ色の○(太陽?実?それとも…?)
ピンクの大きな花
黄色い大きな花
ちいさいタンポポのような花?

ハート
木(近づいてみると、若葉のように見えなくもない…)
妖精(あるいはハイヤーセルフ?)
蔓?
動物のしっぽ?

蝶とかしっぽのようなものは、今はじめて気づきましたよ!

 

よく、ステージという表現をします。

ひとつの人生のステージが終わった。次のステージに向かいます!

のように。

ひとつのステージが終わるということは、そのステージの中で手に入れたものが、ごちゃまぜにたくさん手元にあるという状況なのでしょう。

その中で、次のステージにも持っていくもの、このタイミングで手放すものと選り分ける必要があります。

人生の丘は、ステージとステージの中間。

インターバルです。

だからたくさん手に残っている状況を表して、いろんなたくさんの種類のモチーフが描かれているのかな…と、今、感じました。

 

わたしもよく、転機を迎えつつある状況において、部屋の片づけをします。

今年の3月にもしましたねー。

あまり物はもたないようにしているのですが、それでも、次から次へといらない物が出てくるんですよね~^^;

捨てるとなったら、わたしは結構思い切りよく捨ててしまうタイプです。

なので、たまに、あれは残しておけばよかったなーと思うものも出てきます(笑)
思うんですけど、結局めんどくさがって手元に戻そうとはしないんですけど(笑)

物質はそうなります。

しかし、技術的なことや感情的なこと(※好きだったこと、など)ならば、状況さえ整っていれば一度辞めたことを戻すのは簡単です。

自分が「またそれをやろう」と思って行動を起こせばいつでも戻せるのです。

 

だから人生の丘にあるモチーフは、ついこの間までいたステージで手に入れたものだけでなく、
もっと遠い過去に手に入れたものも混じっていると思います。

そして、過去だけでなく、次のステージにも思いを馳せる場所。

過去-現在-未来の区別がない、、、と言えば潜在意識。

 

ちょっと不思議で、とりとめなくて、いろんな可能性を秘めている潜在意識のような場所が、人生の丘なのかもしれませんね。

ぼんやりリラックスして過ごしていたら、隠れている何かをまだまだ見つけられそうです。

 

ワンセルフカードとは
一文字の漢字・バランスの良いサブメッセージ・美しいイラストによって構成された30枚のカード。
手にしたカードを見て感じたことを言葉にすることで、心が軽くなったり、お互いの相互理解に役立てることができます。

◎「カード作者の思いを聞いてからより深く使いこなしていきたい」という思いにこたえる形で生まれたゆる~い資格認定講座=ワンセルフカード セラピスト講座を随時開講中です。→詳しくはこちら

(講座に参加しなくても自由に購入・使用することはできます)

 

 

 
※ブログ記事はすべて、著作者・宮台智子の名前を明記していただければ、公開されたインターネット上に限り自由に引用・転載・リンクしていただけます。(連絡不要ですが、もらえればとっても嬉しいです^^) 印刷して第三者に配布をしたい場合は、営利・非営利目的/個人・法人問わず、必ず事前にご連絡ください。 お守りいただけてない印刷物を発見した場合、しかるべく手段をとります。