とある悪徳不動産屋さんに、だまされそうになった話。

もう詐欺です、詐欺

まったく世の中にはひどいやつらがいるもんです!(#゚Д゚) ノ
報復措置としてわたしのブログネタに使ってやります!(#゚Д゚) ノ

 

それは3月下旬のこと。

インターネットの不動産検索サイト(SUUMOとかHOME’Sとか)で、とある物件をみつけて空きありますか?と問い合わせしました。

間もなく、その物件情報を掲載していた不動産屋から「空きございます。ぜひ弊社までお越しください」と返信。

指定日の午前10時に、その不動産屋Sを訪問しました~。

 

上野駅下車して徒歩5分くらい。
1Fが飲食店の、とあるビルの中にありました。

店の中に入って私が感じたこと。

「チャラい!!(;’∀’)」

スタッフさん全員20代くらい。わか~い。
なおかつ、わたしを担当した人も雰囲気チャラい。

(もうこの時点で危険信号受信中…。)

それはさておき本題に。
問い合わせた物件の詳細を教えていただきます。

担当者さん曰くそこは、オススメできないとのこと。

理由は、、、ふむふむ、なるほどー。
聞いて納得です。

そのあと、私の希望条件に合致するような物件を探してくださいまして、最終的に3件ピックアップしてくださいました。

A→希望地よりもちょっと遠い&ちょっと予算オーバー
B→古い
C→場所がイマイチ

この中だったらAがマシ。
でもちょっと予算オーバー。

そこでわたし、
「たとえば、私の希望予算より+5000円追加したらどんな部屋あります?」
と、質問。

(いま思えば、この言葉を引き出したいがための絶妙な3件だったかもしれません。)

すると担当者さん、実は秘蔵の物件があるんですよ~と言って、出してきました。

山手線・巣鴨駅または東京メトロ南北線・千石よりいずれも徒歩5分。
わたしの条件すべて合致。

担「これ、すごくいい物件だからいざという時のために隠しもってたんですよ。
宮台さんが予算5000円上げると言うなら、確かこの物件その金額だ―!って思い出しました」

巣鴨っていうのはすごく人気の場所でして、古い物件だとしても、徒歩5分圏内でこんな金額でこんな条件いい部屋はそうそうないです。

担当者さん曰く、ここの大家さんはおばあちゃんで、下手に高くして借り手つかないまま空けておくよりかは、値段下げていい人に入って欲しいという気持ちでこの金額にしてるのだとか。

さっきのA~Cとあわせても断然この物件がいいです!!
予算オーバーしちゃうけど!!

というわけで、この物件をお願いすることにしました。

さっそく担当者さんが見積もり出してくださって、管理会社経由で大家さんに連絡とってもらって(鍵は大家さんが持ってるそうです)内覧にいこう!となりました。

が、大家さん外出中。。。
携帯電話も持ってないらしいからいつ帰って来るかもわからないとのこと。

とはいえ夕方までには必ず帰って来るだろうということで、遅い昼食&上野公園内にある美術館観にいきました~。

おりしも季節は桜満開の時期。

上野公園は花見客でごった返してました。

 

3時間経過。
お店に戻りました。

すると私の担当者さん、とある男性を接客中…というか、クレーム受けてました。

(あとから思えば、この男性もなにか騙されかけて気づいて怒ってたのかも??)

しばらく待って後、その男性客から離れてわたしのもとにやってきた担当者さん。

担「宮台さんすみません!大家さんまだ帰らないみたいで…。今日は内覧無理かもしれません」
私「あー、そうなんですね。じゃあ仕方ないですねー」
担「本当すみません!明日はお時間あります?」
私「明日~大丈夫ですよ」
担「そしたら今日中には絶対に大家さん帰るはずだから、明日内覧できるように話つけておきます!」
私「わかりました。じゃあ明日また来ます」

そして一旦、わたしはお店を後にしたのです。

 

つづく。

 
※ブログ記事はすべて、著作者・宮台智子の名前を明記していただければ、公開されたインターネット上に限り自由に引用・転載・リンクしていただけます。(連絡不要ですが、もらえればとっても嬉しいです^^) 印刷して第三者に配布をしたい場合は、営利・非営利目的/個人・法人問わず、必ず事前にご連絡ください。 お守りいただけてない印刷物を発見した場合、しかるべく手段をとります。