今日は茶色についてのお話。

『茶色』と言われたときまっさきに思い浮かぶ色はどんな色でしょうか?

 

 

 

 

t02000200_0200020013199347725
こんな感じ?

t02000200_0200020012815989911
これも

t02000200_0200020012815989912
こういうのとか…

t02000200_0200020012815989913
立派な茶色!

 

『茶色』に限らず色というものは連続しているので、ここからここまでが○色という明確な基準はあってないようなものです。
※一説には人間が認識できる色は700万とも1000万とも言われているので、その微妙な差異から範囲付けるのは非常に難しいといえます。

色名の表記方法にはいくつかの種類がありますが(JIS系統色名・PCCS・マンセルなど)、一般的には『茶色』と言うと『赤や黄色に黒を混ぜた色』で伝わります。

私は小学生の頃、「今日は赤、青、黄、黒、白だけで風景画を描きましょう」なんて図画の授業でありました。
そんな時、を描くために赤(黄)と黒を混ぜて茶色を作っていました。

が入っているからでしょうか。
茶色ってどこかあたたかみを感じさせる色だと思いませんか?
その人の似合う色を診断するパーソナルカラーにおいても、茶色はWARM(イエローベース)のグループの色です。

そして、茶色から連想されるという物質からもあたたかみを感じます。

そう。

茶色というのは私たちが生きている自然…大地の色なんですね。

t02200147_0481032112816028038

t02200294_0360048112816028037

大地は、『母なる大地』とも言われるようにあらゆる生命を生み育てています。
同じようにあたたかみを感じさせるよりも、もっとさりげない、ぬくもりのイメージです。

TCカラーセラピーにはダークという色名で、茶色のボトルが存在しています。
『闇』『試練』と言った、一見ネガティブなキーワードを持っているこの色。

ダークのボトルを選ぶ時というのは、完全に外界とシャットダウンしているのではなく実はさりげないぬくもりを求めている時なんではないか…

そんな風にも感じました。

01e1bac4a858f1d9a32092f5c9466ed59b84e6322c